読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニ四駆小ネタ

ペラシャに850ベアリングを合法的に入れるネタをどこかで見ました
ペラシャ用(内径1.4mm)ピニオンを外径5mmに削り、割って詰めれば良いのか?忘れました
これの何が大事かと言いますと空力改造が大胆に進化するのとフレキ化も進むかなという妄想劇場開幕です


ペラシャのピニオンを抜くのは駄目、じゃ足すのはどうなのか?
ピニオンの位置ずらすのは正しい位置に戻す時可能、じゃ、ただ移動させるのは駄目なのか?
 といった別件の疑問をTELで解決したら載せたいと思うっす

ペラシャ受けに潤滑油を溜めて万年筆の様に給油する仕組みをスポンジ、メッシュとマルチテープで作れないかなど考えてました
ギア支え凸にも給油装置で抵抗抜き不要?

サスについての後編、凄く良い事を書き過ぎてしまっていて公開をためらいます
これ以上上級者とビギナーの差を広げるのは本意じゃありません
(何様)\(^o^)/(笑)ウーンッ!アッポーペン!!

ミニ四駆のサスと代替機構について(※ミルコ画像 お前は)

ちょっと具体的な改造法を削って上げます
文中MS(MA)フレキを左右リジッドサスと表記、ミニ四駆業界的にリジッド車はサス無しを指します

前回、実車のリジッドアクスルと4独サスの違いを見た結果は
4独サス車: 高速に於いて跳ねない特性と、派手なリバウンド中でもトラクションが掛かっているのが見られました
左右リジッド: バネ下重量の重さと、片輪への入力が左右2本分のバネに作用してショックをより車体に伝えてしまう事が跳ねる原因かと推測します 実車の独立サス車のアンチロールバーも似た働きをしてしまいます

次に①ミニ四駆実車の違いを考える
ミニ四駆は固いプラの路面→ タイヤ、サス、シャーシ、マスダン、ボディに分散  実車は柔らかい土→ 中空タイヤ、バネ、ダンパー、ドライバーに分散
ミニ四駆は急激な減速Gが加わっても跳ねなければok ↔ 実車は乗員保護を考えた制震
ミニ四駆は平地に斜めから着地(相手は平面) ↔ 実車は悪路
⚪大きさ(重さ)の違い0.15kg ↔ 1000kg
ミニ四駆は車高の4〜5倍の高さからノーバンを狙う ↔ 実車は最大2倍程の高さから着地(WRCラリー車等)
ミニ四駆のリジッドサス(独自のやつ)は実車の固定アクスル程の重さは無い

ミニ四駆のリジッドサス(フレキ)と4独サスの違いを見る
⚪フレキはバネ下重量が大きい、駆動力がフレキ動作阻害、スパーギアの咬み合わせ悪化
⚪4独サスはスパーギア軸固定ベアリング+ホイール軸受ベアリング必要の2重ロス、工作精度・信頼性、冗長化、駆動ロス

ミニ四駆 4独サス Candle Flames🔥7
https://youtu.be/mLShO2_EOn8
着地の収束性は凄いです

③実走動画が少ないのでわからないが4独サス車のレースでの実績は無し?の理由を考える
4独サス車の制震性は強力だが重量、駆動のロス、空力影響により差し引きで単純なフレキ式に劣る?
4独サス車を簡素化したら最強と予想します

④サスの研究からのサスに代わる仕組みを考える試み

いわゆるフレキ(的思考)とマスダンパーの組み合わせが主流と思われます
ミニ四駆_チャンピオンズで検索すると良いのか
  https://youtu.be/XtLp6lqgpFc
ワールドチャレンジ2016
http://www.tamiya.com/japan/cms/mini4wdeventreport/4512-20161120.html
TAMIYA Mini 4wd Slow Motion Movie-4 タミヤ ミニ四駆 スロー映像-4
  https://youtu.be/FtwnUe3P6gs
  最近のマシン 後軸のマスダンアームは高落差の時、フロント提灯は高速低ジャンプ向きかと思ってましたがどうなんでしょうか
TAMIYA Mini 4wd Slow Motion Movie-3 タミヤ ミニ四駆 スロー映像-3
  https://youtu.be/9VfoScvZpNc
  2011頃のマシン フレキ改造以前のプリミティブな動きを確認

ミニ四駆 スロー動画 ウェーブセクションVer2をフラット車 で走るとどうなるのか? #mini4wd
  https://youtu.be/LDofx9R2EsE

⑤サスの仕組みを考える
ミニ四駆が跳ねる仕組みは必ず1つのタイヤから接地して後は重心位置を囲うように3点接地、(超瞬間的には2点か1点ずつ)重心とタイヤのズレが働いて、タイヤが接地した後も重心が落下しようとする動きがあり、シャーシとタイヤが高反発ゆえに瞬間的に接地性が失われてしまう
サス車は接地面がショックを吸収し、重心のズレからのシャーシの反発力をバネをソフト目にして吸収し、タイヤをボインと振動させタイミングをずらしているのかなと


⑥サスに代わる改造のまとめ
今はリジッドのVSシャーシが速いそうです
世界チャンピオンのフレキFMARシャーシ
https://youtu.be/zOampTXuA40

サス無しで一つ目のタイヤが接地し、他の3点が接地するまで離れるのを防ぐ仕組みを実現には

 切り欠きによる片軸シャーシのフレキ化
 マスダンパー、可動マスダンアーム
 タイヤの薄型化
 可変スラスト
 可変空力
◆今回の重要ポイント
ビルの制震、F1の制震なども参考に
・ピークの丸型化、瞬間的な過度特性を穏やかにする

・エアレスタイヤ
https://youtu.be/UYZWL1ngS5E
サス無しミニ四駆的なシャーシに無理をさせるテスト ×ソリッドタイヤ→硬い、暴れる ×バイアスタイヤ→盛大に跳ねる ×エアレスタイヤ→驚異的に跳ねない(全比較項目に優秀)


イデアの素だけの提示になり結論はボケましたが
今まで僕が書いてきたほぼ他人様の改造法を組み合わせれば、あれをこうすればできあがり!となります
また時期が来たら削った部分を載せます

実車のサスの形式について

前から考えてたミニ四駆のサスについて実車の4独サスとリジッドアクスルの実車の例から考えてみます

ミニ四駆に似てるリジッドアクスル車の走行例

ロックレーシング
  静的な接地性は素晴らしいが着地後の跳ねが収まりません
  (岩、木の根等大段差用ブロックタイヤ)
  https://youtu.be/8rKj5kTzAEU
Formula Offroadのシャーシは低重心、軽い車体の高速性能 
  タイヤを軽量小径化でバネ下重量軽減跳ねを抑制
  (砂、土路面用マッドタイヤ)
  https://youtu.be/W2tcA53h2QA
ロックレーサーがF/Oコースを走るには泥砂用のタイヤに交換必要ぽい
  https://youtu.be/oP6u4ffhC60
バハのレーシングトラック(プリランナー)
  https://youtu.be/B2qbkMJ5rKw
  https://youtu.be/DkjqueX0LdE
  砂地な路面の跳ねにくさと洗練されたリジッドサスの様
NASCARの後輪リジッドサスは頑丈低コストのため

実車の独立サス走行例
独立懸架のロックレーサー
  https://youtu.be/hPwf8YDPwkk
  https://youtu.be/36dVm7I8ZMA
  斜面での大岩乗り越えで低速での路面への追従性は落ちますが、
  ジャンプ着地後の跳ねの収まりが良い様に思います
  滑りつつのタイヤ高速回転でも跳ねず一定のグリップで登れる様です
Formura Offroadの独立サス
  https://youtu.be/13rELGs_ZLE
  2駆なのでデモ車かも、空前絶後超絶怒涛のハンパない制震性です
レーシングトゥアレグ
https://youtu.be/fjAPS8WqOOg
  シュレッサーバギーからの共作インスパイアだったと記憶
凶悪なバギー
  https://youtu.be/PaBypDgnxXI なんやねんこれw
バハのレーシングトラック(独立懸架)
  https://youtu.be/Hek8TJhdyvo
  独立懸架サスは比較的高速でほぼ跳ねない

RCの後輪リジッドアクスル車
グラスホッパー(380モーター)アクスルのリンクが一軸ヒンジ?
  https://youtu.be/65tjFfRq7KQ
  お手軽安価、高耐久??、プリミティブな味があります
ホーネット(540モーター)アクスルのリンクがトルコン的な遊び有り
  https://youtu.be/Sym_7AMRHVM
  2台とも後輪がよく跳ねます(マニア向き?味があります)
  平面コーナリングで鋭く刺すスズメバチ
ランチボックス
  https://youtu.be/l1lMZwTq8cw
  車高と重いタイヤで更に跳ねます(速くてヒョフヒョフユーモラスで楽しいです)
RC・4輪リジッドアクスルのロックレーサー
  https://youtu.be/jjPbXYiwr-o
  重心低く、良さげなタイヤとダンパーでも跳ねます

RCの後輪独立サス車
ファイターバギー ダブルウィッシュボーン (動画車はオプション盛盛)
  https://youtu.be/46w8daTz0ZE
ブラックフット(トレーリングアーム)マイティフロッグの車台
  https://youtu.be/KWd3T48PajU
  後輪リジッドに比べて跳ねないです

小まとめ
実車とRCでは4輪独立懸架は明らかに跳ねにくいのがわかりました

では左右リジッドサスは何に適した形式なのか
ロックレーサーの様な極低速での極悪路の接地性能が高い
フォーミュラオフロードでは高速な地形での接地性能を両立するためにタイヤを小型化でバネ下を軽量化(砂地開催の特殊性と安価と公平性を考慮した暗黙レギュレーションか)
バハトラックは積載のために省スペースと積載物によるバネ上重量増の為OK
RCとNASCARは簡素で耐久性重視、高速はオンロードならまあイケる


次にミニ四駆実車の違いを考えます
ミニ四駆のリジッドサス(フレキ)と4独サスの違いを見る
サスの研究からのサスに代わる仕組みを考える
という流れで行きたいと思います

減衰と摩擦

サイドギロチンマスダンパーというセッティングを前によく見ました
提灯マスダンパーは先のマスダンパーを跳ねさせて提灯アームを残すセッティング、サイドギロチンはアームを残す事ができないので(多分)廃れた感あります
これをマスダンパーの運動エネルギーを90°変換して横向きに叩かせて吸収させたら面白いかなとか考えました85°位にしたら戻って来そうですもんね
よく考えたらフロント提灯はそれと似た動きなのかもですね


あと、前も少し書いた板バネです
板バネは馬車の時代からあって戦前のF1のサスにも使われてました
クロカン4駆やダンプカーや軽トラ、90年代のコルベットボルボの乗用車にも使われました
横置き板バネは軽量スポーツカーやフィアットの小型車のFサスに代々使われました
実車では位置決めとバネと減衰が一度にできるのが利点、軽量簡素な機構はミニ四駆向きかなと

板バネは複数枚の板をまとめて板同士の摩擦によって減衰します(板の隙間にブッシュが挟まるのもある)
現在は板バネに油気圧のショックアブソーバーも併用されますが10㌧トラックなどはショックアブソーバー無しな様に思います

今日ほどのスピードでない時代の極悪路を飛ばすラリーレイド競技では油圧ダンパーが壊れて外し板バネのみのほうが乗り心地が良かったという事もあったそうです

戦前のF1の板バネにはディスク式の摩擦ダンパーも使われました
RCもフリクションダンパーあり
油圧のダンパーも摩擦を使った減衰ですね

摩擦=減衰=跳ねない

ミニ四駆で板バネを使うならミニ四駆キャッチャーの素材は良さげですが摩擦を使うにはこれだけだと厳しいか…マスダンパーとセットで使うのかな
工作マットの上にミニ四駆を落下テストして跳ねないなという動画よくありますそういったイメージでしょうか
提灯アームを残しその先のマスダンも跳ねさせない感じ?

よゐこばりにシュールな締めだ👬

ミニ四駆のこと

ミニ四駆関係無い事ばかり書くので当たり前なタイトルにしました

以前ナットの緩み止めに何点か対策を書きましたが、ナットとワッシャー、ナットとスプリングワッシャーの合わさる面に油膜がつくと緩みますので指で触らないほうが良いかもです(妄想)
ナットの締まりはナットのネジ山と、ナットとワッシャーの接合面の摩擦も大事です なぜ今頃思い出したんだろう

ローラーの520ベアリングのスペーサーとナットが一体の新商品ちょっと工夫したくなります830用にも作ってくれたらドヒャーと喜びます

ゴムリング4独サスの動画、モーターの中の針金を使うそうで、どビックリしましたすげー どこに入ってるのかは謎

アルディさんの師匠さんのモーター慣らし凄いですね RC界隈でポピュラーらしいですが素晴らしい
火花避けグリースを適度に落とし
ブラシを削る
コミュテーターの当たりをつける
内部の削りカスを清掃する
が一度にできるのがぬるま湯慣らしなのでしょうか 目からウロコでした

タイヤの表面を整えるのにブレーキスポンジを使うのも賢いですね
"熱可塑性" エラストマーの利点を活かして、摩擦熱で溶かしてツルツルにするのかな?
タイヤを切り離した跡とかパーティングラインなんかも取れたら初心者さんにもできてスピードUPに効果的なんじゃないでしょうか


少し遠出してサンダーショットとウイニングバードフォーミュラクリヤーボディがやっと手に入りました 本命のバンキッシュは全く見ないです(泣)
トライダガーXXのクリヤーボディにグッ(๑•̀ㅂ•́)و✧と来ました
皿ビスは奇跡的にゲット
スーパーハードタイヤを限定販売するのはなぜ?

動物シリーズは良い発想だと思います
地場アイドルさんがミニ四駆を作る動画でキャラ物プラモに興味を示されてました
これが割りと昔からある、戦闘機の箱絵にヲタ向けな美少女萌えキャラのようだとドン引き逆効果かと思いますので良いかなと
あとは箱の側面の注意書きを吹き出しで犬の口から伸ばす
説明書の注意書きにドライバー持ったメカニック犬が昔のタミヤ調の絵柄になってる
とかすると子供の好きな世界観が完結するかなと思います
まあおっさんの発想だからね

妄想音響業社 ↝暴力温泉芸者 ↫芸者ガールズ

野外でPAスピーカーを複数配置する場合、届く範囲と明瞭さを考慮すると思います
ミニ四駆の会場でも使われてます

スピーカーにラインアレイというのがあります
複数のスピーカーを向きを揃えて並べると大きな一つのスピーカーの様に明瞭感がでます(音量大、遠くまで届きます)が、ビーム状に指向性ができてしまいますので、角度に注意して拡散を狙ったりもできますサイコガンダム(おなじみ)の胸の拡散メガ粒子砲みたいに

点音源、線音源とでも呼ぶのでしょうか
タイムアライメント等と…いうのだろうか…
複数のユニットを使ったスピーカーも点音源に近付けるように擬似的に一つのユニットから聞こえている様に配置されています(インライン配置)
点音源に近付ける工夫は同軸スピーカー、仮想同軸スピーカーといった配置は更に聞こえ方の自然さを意識した配置になります

複数のPAスピーカーの向きを揃えて複雑でない線上に(例えばゆるい弧を描くなど)配置すれば、ドップラー効果など複数のスピーカーが干渉しないで聞こえると思います
基本はスピーカー間隔を開け過ぎないのが良いと思います

よく音響に凝った大型の遊園地の園内放送の特定の音響業社が調整するなどの技術は他にも要素がありますがこうした物じゃないでしょうか

また、耳の位置の高さも良いですが、スピーカーを上向きに地上に置いた方が低音が空振りせず反射音と直接音が一体になります
指向性も僅かに斜めに聞こえる向き(インラインを気にして)にセットすれば非常に明瞭にアナウンスができるんじゃないでしょうかグランドレベルで統一の意味でも
でも聞こえ方の不自然さと上に配置した方が遮へいされませんし、人間の心理として放送の内容に従い易い(天の声的な)とかはあるかも

不明瞭であれば音量を上げざるを得ない、明瞭であればうるさい音量でなくても聞こえるといった関係

以上、全部妄想でした

日産の最近のル・マン

2年前の話題ですがわからないまま消えた感じなので気になっていました
https://youtu.be/HZGqzbW7oWs
http://carislife.hatenablog.com/entry/2015/02/02/212713
http://y0siharu.exblog.jp/20860414/
http://ameblo.jp/ha-ma-ha/entry-12031359100.html
フライホイール方式の回生システムだったんだ…欧州的だ

フロントからリアまでの巨大なダクトはエレクトラモーティブのZXT日産やイーグルmk3トヨタを彷彿します

GT-R LM NISMOはフロントディフューザーからの空気の抜けをボディ内部を通してリアの大開口から排出する仕組みだったんですね
コンパクトなエンジンでFF駆動して実現予定だった
F1的なスプリッター(現在はTトレイと呼ぶらしい)を持たないので広い面積で床下ダウンフォースが得られる(とホワイトボードの青年主張?)
リア荷重減ったのでリアタイヤを細くしてリアのディフューザーも大型化できた(リアは超理想的か?)
フロントの強力な回生ブレーキを動力にも使う

前荷重を活かすのは確かにGT-Rの特徴を備えてます

でも疑問点はあります
⚫FFのパッケージはレース向きなのか
⚫フロント荷重(重量、タイヤサイズ、ダウンフォース、駆動力)を増やしてドライバーの負担は如何か
⚫フロントディフューザーからの空気の抜けは充分なのか(フロント荷重が増えた分、タイヤサイズ増だけでなくより大ダウンフォースが必要では?)
⚫大ダウンフォースとトラクションに細い後輪タイヤサイズが適当なのか(インホイールモーター無し純粋にFFだったぽい?)
⚫リア開口からの遅い気流は全体の空力を乱さないか
⚫リアサスアームが極短←❕

実戦ではハイブリッド機構の不具合で疑問を解決できず残念です(フライホイール式…)
資金力の問題な気もしますが、資金豊富だと突飛な事しないかもとも思います 資金力があったらテストで失敗が早く明らかになったかも(笑)

…画像検索で幾つか見ましたが、3LのV6ターボは全くコンパクトに見えず空気の抜けは期待薄 タービンやら無理やり高密度に詰め込んで熱が大変そうです
最近の標準LMPのフロントはウイング状ディフューザーの上下面でダウンフォースを発生しているのに対してGT-R LM NISMOはFタイヤ前にラジエーターを配置しダウンフォース発生が制限されているように見えます ディフューザーの下面でさえもトランスミッションとエンジンに阻まれて苦しい様に見えます
ここはFF構想の手詰まり感があります 

うーん、プレゼン能力と発想豊かなボウルビー氏に経験豊富な相談者が付いていれば違ったのかな
小型なエンジン(狭角V型エンジン)が載ったらいくらかマシ?効果絶大だった?見たかったです
もしかしたらTトレイを使わない利点こそが最大の狙いだったのかも?これも効果は謎

最近の日産のル・マン参戦は日本のファンは違和感でした
原因は
⚪3輪
レースを乱す
さほど必要性を感じない、未来的過ぎる
大きな変革に日産が適格なのか(やり切れるのか)
普通に参戦して欲しい
⚪GTR LM NISMO
参戦前情報が謎過ぎて懐疑的 理解、応援が得られなかった
大風呂敷は失敗した時に痛い

だった様に思います
本人が思ってるほどル・マンでは実績無いですから
はい私にブーメランです

でも失敗を恐れない
技術の日産!というがむしゃら感
人と違う事をやる
一人の人間のやる気と夢を形にする
見る人をワクワクさせる
というのは凄いなと褒め讃えたいと思います

関係者さん妄想だけで語ってすいません