ビッグウィッグ(ボディ)(想い)重い問題

ムンクラ様ブログ
https://www.mooncraft.jp/blogstaff/event/bigwig-2017/
https://www.mooncraft.jp/blogstaff/published-information/rc-magazine-bigwig2017/
プロモV
https://youtu.be/zVjgoB9lmIQ

ビッグウィッグと言えば由良拓也デザイン 
パリダカ959(浮世離れ感が凄い)と同時発売の田宮のRC10周年記念モデルでした

今思うと田宮オリジナルバギー群も劣らない秀逸な魅力を持っていたのは凄いです 幅広い知見を集めてセンスを磨いた上で揺るがないテーマを持ってデザインされていたのでしょう

日曜日朝方やってたRCカーグランプリ ジャンプし土のバンクを華麗にドリフトしヒラヒラと左右にターンするバギーは憧れでした

デカいカツラはファンキーなアフロ? アメ車好きな由良さんぽい
白い上品な空力ディッシュホイールにちと都会的なオーバルブロックタイヤはお洒落です  車剛もこれ履いてパワーアップしてました

重厚かつ流れるような美しいボディは華麗なジャンプ、高速巡航、高速コーナリングの為に作られました
高々とリアウィングを掲げ、ワイドで極めて独創的かつ優美なスムーズなサイドフェアリングは軽やかに白く塗り分けて重過ぎない
リアホイールフェンダーで上側がウイング形状だと思ってましたが由良さんならではの発想で下側をグランドエフェクトカーのエッセンスを取り入れたのだなとF1史を知ってから気付きました
その後輪との干渉を考慮された位置関係は往年のフォーミュラカーのように微妙でバギーのトラクションを意識した位置、決してタイヤフェンダーでなくサイドウイングというロマン
気流を読み細部まで制御した証、決してダルじゃない空気の壁を突くノーズは並み外れた空力マシンをアピール
NACAダクト+艶かしい曲線美のフロントカウルとリアのボリュームに視覚的にバランスした立ち上がったカンチレバー式ダンパー フロントを下げる意味合いも有ったか
過給機付V8.1000馬力を暗示するシュノーケルの吸気ダクトは屋根からきっちり空間を取ったエアロダイナミクス 実車以上に拘った由良さんの夢がつまってます(ミニ四駆じゃ外したいパーツ)リアウィング裏はダンパーステー等の空力を詰めたかったに違いありませんが風洞ダウンフォース確認をされています
田宮の拘りはV8モールドとテールパイプ、ラックピニオン、性能より見せる機構 そうした田宮の模型哲学に適う幸せな共同作業になりました

垂直フィン上に各ウイングを配するという由良少年の卓越した発想力創作力
無骨なコクピットを避けて空力を有効化する意図が全体に込められています コクピット横の長い平らな部分はロータスF1のグランドエフェクトカーみたいだよね!
微妙に頭の中が キャノピーつけてえ… いやパチ四駆みたいなる駄目だと踏みとどまる絶妙な美しさ

空力と相反するバギーの無骨さを共に備えた神バランス
由良氏の模型趣味やかつての田宮のスロットカーで培った美的趣味と実体験を形にしたデザイン
アナログと美意識による念入りな美しい設計
まさに田宮の記念モデルに相応しいRCバギーの傑作だと思います


ミニ四駆は身近でした
プラモデルが身近でしたから、そこに高級な玩具のRCがゴージャスな見た目そのまま高級な駆動装置(当時は群を抜いて画期的)を持って降りてきた
乾電池で動く、超速い頑丈で登坂力も踏破力も驚異的
バギー、スパイクタイヤ、4輪駆動は子供の夢を大爆発させました
砂場や校庭を爆走する、自宅で本でジャンプ台作って遊べる
子供には身近なスーパーカー、比べるならNSXやR35GT-R並な革命でした
時計は元に戻せないから今じゃミニ四駆なんてありふれた物になったかもしれないけど

ミニ四駆は子供に身近な物であってほしい
コースの中にとどまらない、どこへでも走らせてディスプレイできて、模型本来の美しさと作る楽しみと走らせる楽しみも兼ね備えてるミニ四駆(50TA)

大人だから外でそこらを走らせたりはしないけど、本当のロマンとかノスタルジーて、可能性さえ在れば味わえる物なんだよね
ホットショット、ビッグウイッグ、アバンテなど偉大な遺産を活かして簡素な魅力の詰まったミニ四駆を出して欲しいんだよな
両軸をベルトドライブの手は無いか ギア比を変えずに車高を上げるにも両軸が適してそう
1000円でサスペンション付きのミニ四駆ぜひ見たいな
作りさえ精巧なら大人も欲しくなります 子供も

ミニ四駆化のRSはボディの良さを活かせる作りなんだろうか S2かVSなのかな

皆で持ち寄って公園や空き地や庭でどこでも走らせた頃のビッグウイッグは輝いてたな
コースを知り重さに失望した時のビッグウイッグは残念だった
旧ビッグウイッグjrのファンは本格的に フルカウル速くする問題 に取組みたくなるのか?少し期待して待とう


http://www.tamiya.com/japan/products/95308/index.htm
ボディの継ぎ目変わってたら改造し易いな
やっぱ大径化とシャコタンはかっこいいな

特別企画商品でこの内容なので
他のRSモデルに比べて走行性能よりパーツ色に拘ってディスプレイ用に最適化されたモデルと言えそうです
ホイールはツヤ消しの銀色なので実車感はRCより上かな
ノーマルで完成度が高いのは一般向けにこれ以上無い高性能だと思います
ボディとステッカーはミニ四駆最強の御褒美パーツと言えるでしょう


https://youtu.be/dzvcdVoKhJE
コミカルミニ四駆にブラケットとネジ穴を増設してマスダンなどの改造ができるようにして売ったら面白そう

プッシュド日吉ミミ(cafe de 鬼)

https://www.zf.com/japan/ja_jp/corporate/motorsports_1/webseminar/webseminar.html
アウトボードサスペンションは市販車やバギー等バネ、ダンパーが車体から外側に露出したサスペンション
インボードサスペンションは車体の内側か、覆われて車体と一体化しているサスペンション(説明的文章)

R92CPは微妙にプッシュロッドを使ってたのか
https://youtu.be/il4xLJHKBgo 前5:48 後5:55
実車スーパーカーはまだ956的なロッキングアームが主流かな
アヴェンタドールとX-BOW GT、ARIEL ATOMでプッシュロッド使われてる様ですが、スペース有効利用、慣性モーメント低減、そこまで煮詰めていれば採用価値は有りますが売れてナンボ(ランボだけに)でしょうか

インボードサスペンションで使われる プッシュロッド_ベルクランク で画像検索するとママチャリの内装3段変速機がヒットしました 確かに両部品共使われている…
ベルクランク_F1 で画像検索するとF1ラジコンのサスがヒットしました
プッシュロッド_RC 画像検索、ほほぅ…F201、TA-06とな…

http://www.tamiya.com/japan/products/56706porsche934/index.htm
うん、タムギアもインボードサスだったんですね
この10年くらいの記憶がすっぽり抜け落ちています
Climb Warrior というRCちょっと気になります

世の中結構凄い事になってるんだなと、浦島太郎気分になりました(周回遅れ)
世の中変わっているんだよ〜♪でした


プッシュロッド、インボードサスが市販スポーツカーに普及するにはその前に車体の革新が必要でしょうか

飛んだル・マンGTプロトについて

スズキ_V12エンジン で検索して各メーカーのF1昔話見てたらオモローだったです
YouTubeマニア(ビートルマニア)なので⇩書きます

99年に飛んだCLRと98年ロードアトランタで飛んだ911GT1'98についてです

C1カー裏面
https://youtu.be/2e-Zad4mFb0 1:38 1:49辺りでノーズ床下のディフューザー見れるか

CLR
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%BBCLR
https://youtu.be/cZChsfS5ueQ
99ル・マンで3度飛んだ事、ムービングベルト付きの風洞で開発されなかった事、丘以外の地形で飛んでいた事は知りませんでした
攻めた設計の反面詰めが甘かったようで、ザウバーはプロトの経験を自身のF1チームに残し、ツーリングカー上がりのAMGにさほどル・マンの経験を移管しなかったのか?
2年で撤退、その後復帰してないのでCカー以来ル・マンで勝ってないです

https://youtu.be/HQBjFWnSc6g 98 CLK-LM
https://youtu.be/O9EU8JH03gE#t=2m35s

メルセデスAMGDTM/ICT時代から床下ダウンフォースを重視して自信があったが為に、より空力にシビアなル・マンでクラス1ツーリングより床下の制限がキツくなったのに関わらず、車体全体が洗練されてフロントが極薄くなってからも空力的に大事な部分に大きく装飾を残した(妙な自信からの危ない賭けになった)
床下に頼ってダウンフォースを得た故に平地でもポーポジングが激しくなった
丘越えで仰角が付いたフロントディフューザーが上側の装飾と合わせて揚力を生み地上と離れ、頼みの綱だった対地効果を失った
床下のフラットボト厶に仰角が付くのを抑えられず揚力を発生して飛んだ


911GT1'98
https://youtu.be/pq1eP3NSd6Q 96
https://youtu.be/ECQv95kN-38 97
98↓
https://youtu.be/s8NWsuCh_d4 由良さん切るP1
https://youtu.be/5o4ppty8okg 由良さんP2 3:13~3:50は(金が)唸るポイント
https://youtu.be/g8XxQkXCmsU 飛んだ場面(裏側見れる)
https://youtu.be/qNxRuI7lvY8  8:41 8:58 720p
①フロント床下の大部分が平面、ディフューザー形状は極小で滞留した気流の抜けが悪かった
②旧Cカーの冷却排出口はノーズ上に排気して傾斜角度をつけ正圧を得てダウンフォースを発生したが、Fホイール前に排気してフロントノーズを薄く、緩い傾斜角度にして抵抗を軽減した 962C等、旧LMPと比較してノーズ上面や床下で発生するダウンフォースがかなり小さかったため緩い条件で飛んでしまった
ノーズ床下処理は物言いのつき易い部分なのでライバルに歩調を合わせたか、ポーポジング対策で平面形状としたのか(確か規則が有ったか)
でも、98年のル・マンで1位、2位になってるのは謎 欽ちゃんならGTプロトみたいに足を前後に開いて飛び上がってなんでそうなるのか聞くでしょうね

まとめ(完全に妄想)
GTがLMP並に過激化する中でフロントとリアにGTのアイコンを残した 全体が洗練されていく過程でフロントの処理が他のGT並に据え置かれた為にフロントのダウンフォースが不足した
オーバーハングを薄く長く、床下ダウンフォースに頼りつつ不充分な設計になっていた
前の車に近づいて乱流に晒されるとフロントのダウンフォースは更に低下し傾斜面で大面積なフラットボトムが理由で飛んだ
旧CカーはGTレギュレーション以降よりもフラットボトムの面積が小さく、総ダウンフォースが大きかった、エアトンネルもフロント寄りに作れたのでコクピット下面辺りでもダウンフォースが得られただろうと推測します

動画に映ったノーズ下空力処理についてでした

ミニ四駆にできる空力処理は
https://youtu.be/JT6io0Y3pxM
この辺が近いかもしれないです



もう一つ、YouTubeマニアから特にキッズに言わせてもらうと、クラスで面白い人というのに憧れると思いますがYouTubeでただ面白いからと、馬鹿な事をやる大人は程度が低いです
子供をなめている、再生数を伸ばす事だけ考えて子供をお金としか思っていません
そんな大人より見るべきものがいっぱい有るよと言いたいです
悪い事、してはいけない反則をして面白い事をするというのは簡単な事です
日本の芸能とメディア広告に関りたいG○○gIeさん(YouTubeの経営者)の思惑に騙されないように

ガンダムは1stまで(やや嘘)

我が空力ミニ四駆をやってみるブログは30日以内に更新に絞って(ミニ四駆_ブログ)で検索すると40位です(ナンダト⤵サゲ)
てことはまずまず書きたい事書けるポジションです(アゲ⤴)

いやあ、あるある言いたい
書きたいです
はてなさんにもSEO頑張ってもらって

政治のことなんかもおっさんなんで書きたいっす
ミニ四駆とか結構どうでもい…いやゲフンゲフン🙊🙉🙈👼💥
僕は生きのびる事ができるか?

ミニ四駆小ネタ

ペラシャに850ベアリングを合法的に入れるネタをどこかで見ました
ペラシャ用(内径1.4mm)ピニオンを割って詰めれば良いのか?忘れました
http://sns.prtls.jp/mini4wd/newly_diary_login.html?id=300&did=216a272c177dd91e0
こちらかな?参考になりますありがとうございます

これの何が大事かと言いますと空力改造が大胆に進化するのとフレキ化も進むかなという妄想劇場開幕です


ペラシャのピニオンを抜くのは駄目、じゃ足すのはどうなのか?
ピニオンの位置ずらすのは正しい位置に戻す時可能、じゃ、ただ移動させるのは駄目なのか?
 といった別件の疑問をTELで解決したら載せたいと思うっす

ペラシャ受けに潤滑油を溜めて万年筆の様に給油する仕組みをスポンジ、メッシュとマルチテープで作れないかなど考えてました
ギア支え凸にも給油装置で抵抗抜き不要?

サスについての後編、凄く良い事を書き過ぎてしまっていて公開をためらいます
これ以上上級者とビギナーの差を広げるのは本意じゃありません
(何様)\(^o^)/(笑)ウーンッ!アッポーペン!!

ミニ四駆のサスと代替機構について(ミルコ画像 お前は)

ちょっと具体的な改造法を削って上げます
ミニ四駆業界的にリジッド車はサス無しを指しますが、文中ではMS/MAフレキを左右リジッドサスと表記します

前回、実車のリジッドアクスルと4独サスの違いを見た結果は
⚪4独サス車: 高速に於いて跳ねない特性と小刻みに跳ねた中での雑なアクセル操作でもトラクションが掛かっているのが見られました
⚪左右リジッド: バネ下重量の重さと片輪への入力が左右2本分のバネに作用してショックをより車体に伝えてしまう事が跳ねる原因かと推測します 実車の独立サス車のアンチロールバーも似た働きをしてしまいます

次に①ミニ四駆実車の違いを考える
ミニ四駆は固いプラの路面→ タイヤ、サス、シャーシ、マスダン、ボディに分散 条件はハードだが吸収の余地有
実車は柔らかい土→ 中空タイヤ、バネ、ダンパー、ドライバーに分散 条件は緩いが吸収の余地少ない
ミニ四駆は急激な減速Gが加わっても跳ねなければok ↔ 実車はトラクションと乗員保護を考えた制震
 実車にならったトラクション重視も考慮したら速度増か
ミニ四駆は平地に斜めから着地(相手は平面) ↔ 実車は悪路
 丁寧なグリップの管理が可能
⚪大きさ(重さ)の違い0.15kg ↔ 1000kg
 人間のスケールの想像が及ばないので似たスケールでの事象を元に比較する
ミニ四駆は車高の4〜5倍の高さからノーバンを狙う ↔ 実車は最大2倍程の高さから着地(WRCラリー車等)
 制震が難しい
ミニ四駆のリジッドサス(独自のやつ)は実車の固定アクスル程の重さは無い
 ミニ四駆は150:10  実車は1000:100 の予定 ミニ四駆の左右リジッドは緩い緊結なのでネガが少ない(予定)

ミニ四駆のリジッドサス(フレキ)と4独サスの違いを見る
⚪フレキはバネ下重量が大きい、駆動力がフレキ動作阻害、スパーギアの咬み合わせ悪化
⚪4独サスはスパーギア軸固定ベアリング+ホイール軸受ベアリング必要の2重ロス、工作精度・信頼性、冗長化、駆動ロス

ミニ四駆オンボードカメラ】内蔵サスペンションの動き【テスト】
https://youtu.be/CK9Ys6CsDNk
ミニ四駆 4独サス Candle Flames🔥7
https://youtu.be/mLShO2_EOn8
着地の収束性は凄いです
 すごい方を見つけました
 http://miniyonku.casterlove.net/7888/

③実走動画が少ないのでわからないが4独サス車のレースでの実績は無し?の理由を考える
4独サス車の制震性は強力だが重量、駆動のロス、空力影響により差し引きで単純なフレキ式に劣る?
4独サス車を簡素化したら最強と予想します

④サスの研究からのサスに代わる仕組みを考える試み

いわゆるフレキ(的思考)とマスダンパーの組み合わせが主流と思われます
ミニ四駆_チャンピオンズで検索すると良いのか
  https://youtu.be/XtLp6lqgpFc
ワールドチャレンジ2016
http://www.tamiya.com/japan/cms/mini4wdeventreport/4512-20161120.html
TAMIYA Mini 4wd Slow Motion Movie-4 タミヤ ミニ四駆 スロー映像-4
  https://youtu.be/FtwnUe3P6gs
  最近のマシン 後軸のマスダンアームは高落差の時、フロント提灯は高速低ジャンプ向きかと思ってましたがどうなんでしょうか
TAMIYA Mini 4wd Slow Motion Movie-3 タミヤ ミニ四駆 スロー映像-3
  https://youtu.be/9VfoScvZpNc
  2011頃のマシン フレキ改造以前のプリミティブな動きを確認

ミニ四駆 スロー動画 ウェーブセクションVer2をフラット車 で走るとどうなるのか? #mini4wd
  https://youtu.be/LDofx9R2EsE

⑤サスの仕組みを考える
ミニ四駆が跳ねる仕組みは必ず1つのタイヤから接地して後は重心位置を囲うように3点接地、(超瞬間的には2点か1点ずつ)重心とタイヤのズレが働いて、タイヤが接地した後も重心が落下しようとする動きがあり、シャーシとタイヤが高反発ゆえに瞬間的に接地性が失われてしまう
‣サス車は接地面がショックを吸収し、重心のズレからのシャーシの反発力をバネをソフト目にして吸収し、タイヤをボインと振動させタイミングをずらしているのかなと
‣フレキは一点目の片輪着地が両輪接地になりたがり、3点目の接地タイヤも両輪接地になりたがる仕組み、左右の復元性あり前後は無しといった仕組みかな(ペラシャ邪魔)


⑥サスに代わる改造のまとめ
今はリジッドのVSシャーシが速いそうです
世界チャンピオンのフレキFMARシャーシ
https://youtu.be/zOampTXuA40

サス無しで一つ目のタイヤが接地し、他の3点が接地するまで離れるのを防ぐ仕組みを実現には

高く飛ばない
 ブレーキ
 可変スラスト(FLシステム、ATバンパー、Gシステムなど)
 空力
 マスダンパー、可動マスダンアーム
跳ねない
 切り欠きによる片軸シャーシのフレキ化
 タイヤの薄型化
 マスダンパー、可動マスダンアーム
 スタビ

◆今回の新提言
ビルの制震、F1の制震なども参考に
・ピークの丸型化、瞬間的な過度特性を穏やかにする

・エアレスタイヤ
https://youtu.be/UYZWL1ngS5E
サス無しミニ四駆的なシャーシに無理をさせるテスト
×ソリッドタイヤ→硬い、暴れる、バゲットの砂利がマスダンになった
×バイアスタイヤ→タイヤがたわむと盛大に跳ねる
×エアレスタイヤ→驚異的に跳ねない(全比較項目に優秀)摩擦力、路面施設物への優し/跳ねなさ、砂利モーグル突進クッション性、スムーズな旋回性能
https://youtu.be/CIN8Q_4iaxU

イデアの素だけの提示も有りますがいつも通りの結論ですね
今まで僕が書いてきたほぼ他人様の改造法を組み合わせれば、あれをこうすればできあがり!なのを書きたかったです
また時期が来たら削った部分を載せます

実車のサスの形式について

前から考えてたミニ四駆のサスについて実車の4独サスとリジッドアクスルの実車の例から考えてみます

ロックレーシング
  巨岩ゴロゴロな本格的なロッククローリング、深いモーグル
  などはロックレーシングのコースに設定されません
  左右リジッドは静的な接地性は素晴らしいが着地後の跳ねが
  収まりません
  (岩、木の根等大段差用ブロックタイヤ)
  https://youtu.be/8rKj5kTzAEU
Formula Offroadのシャーシは低重心、軽い車体の高速性能 
  タイヤを軽量小径化でバネ下重量軽減跳ねを抑制
  (砂、土路面用マッドタイヤ)
  https://youtu.be/W2tcA53h2QA
ロックレーサーがF/Oコースを走るには泥砂用のタイヤに交換必要ぽい
  https://youtu.be/oP6u4ffhC60
バハのレーシングトラック(プリランナー)
  https://youtu.be/B2qbkMJ5rKw 1:06 1:53で前後サス見れるか
  https://youtu.be/DkjqueX0LdE  2:55 3:55で前後サス
  砂地な路面の跳ねにくさと洗練されたリジッドサスの様
NASCARの後輪リジッドサスは頑丈低コストのため

実車の独立サス走行例
  https://youtu.be/rlP2fDkj82o
独立懸架のロックレーサー
  https://youtu.be/hPwf8YDPwkk
  https://youtu.be/36dVm7I8ZMA
  斜面での大岩乗り越えで低速での路面への追従性は落
  ちますが、ジャンプ着地後の跳ねの収まりが良い様に思います
  ラフなアクセル操作のタイヤ高速回転でも跳ねず一定の
  グリップで登れる(リジッド車は跳ねつつ非常に繊細な
  アクセルon/offで登る)
独立懸架のFormura Offroadに似た砂地用バギー
  https://youtu.be/13rELGs_ZLE
  2駆、空前絶後超絶怒涛のハンパない制震性です
レーシングトゥアレグ
https://youtu.be/fjAPS8WqOOg
  シュレッサーバギーからのインスパイアが原点だった
  と記憶(ターレック)
凶悪なバギー
  https://youtu.be/ZTWYdVXu_WI あかんやつ
バハのレーシングトラック(独立懸架)
  https://youtu.be/Hek8TJhdyvo
  独立懸架サスは比較的高速でほぼ跳ねない

RCの後輪リジッドアクスル車
グラスホッパー(380モーター)アクスルのリンクが一軸ヒンジ?
  https://youtu.be/65tjFfRq7KQ
  お手軽安価、高耐久??、プリミティブな味があります
ホーネット(540モーター)アクスルのリンクがトルコン的な遊び有り
  https://youtu.be/Sym_7AMRHVM
  2台とも後輪がよく跳ねます(マニア向き?味があります)
  平面コーナリングで鋭く刺すスズメバチ
ランチボックス
  https://youtu.be/l1lMZwTq8cw
  車高と重いタイヤで更に跳ねます(速くてヒョフヒョフユーモラスで楽しいです)
RC・4輪リジッドアクスルのロックレーサー
  https://youtu.be/jjPbXYiwr-o
  重心低く、良さげなタイヤとダンパーでも跳ねます

RCの後輪独立サス車
ファイターバギー ダブルウィッシュボーン (動画車はオプション盛盛)
  https://youtu.be/46w8daTz0ZE
ブラックフット(トレーリングアーム)マイティフロッグの車台
  https://youtu.be/KWd3T48PajU
  後輪リジッドに比べて跳ねないです

小まとめ
実車とRCでは4輪独立懸架は明らかに跳ねにくいのがわかりました

では左右リジッドサスは何に適した形式なのか
ロックレーサーの様な極低速での極悪路の接地性能が高い
フォーミュラオフロードでは高速な地形での接地性能を両立するためにタイヤを小型化でバネ下を軽量化(砂地開催の特殊性と安価と公平性を考慮した暗黙レギュレーションか)
バハトラックは積載のために省スペースと積載物によるバネ上重量増の為OK
RCとNASCARは簡素で耐久性重視、高速はオンロードならまあイケる


次にミニ四駆実車の違いを考えます
ミニ四駆のリジッドサス(フレキ)と4独サスの違いを見る
サスの研究からのサスに代わる仕組みを考える
という流れで行きたいと思います