読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴッホより普通に水路が好き

ローマの水道橋

中東の竪穴と横穴を組み合わせた地下水路

宮殿の豪華絢爛な噴水

とかみたいな特別感があってサイフォン水路好きです

 サイフォンは醤油チュルチュル(ドクター中松)で気泡が出なくなるまでシュコショコして、移す先の容器の水位を元の容器の水位より下げると同じ水位になるまで流れる

昔の大工さんが水平出すのに水槽とホースを使った(水盛り)原理です


谷や道路や川を迂回するのに使う技術みたいですね

高い土地に水源を作り、どうしても途中に段差ができてしまう場合に密閉して上か下に立体交差させる?


僕の身の回りで見てきた印象に残ってるサイフォンの水路は

愛知の豊川サイフォン?田原市神戸にある施設と埼玉の深谷にあります

微妙にうねっていて微妙に平らな地形という共通点?


忘れたけどこの辺か?

〒441-3424 愛知県田原市神戸町平松の付近

https://goo.gl/maps/H5ZT1VDk7vw

豊川用水は水の動線はわかりませんが渥美半島は水の確保に苦労した歴史のようなのを感じました

渥美半島と向かいの知多半島を比べたところ

渥美半島は波の激しい外海に面していて塩風も波の侵食も激しい、太平洋側は切り立った崖に面してる

山がちで水に困っただろうと、埋め立て土地開発が激しく漁業が衰退したのかなという印象

農業から鶏卵、鶏肉に転換したせいで湾が更に環境悪化しました

知多半島は民家が密集して残っており変わり方は穏やかだったろうなと、比較して大都市に近いからかなと感じました

 

深谷のサイフォンは荒川と利根川に挟まれた微妙に高い地域で灌漑をしたのかな


サイフォンの水の入口の落ち込んでいく底無し感と流れの激しさ、何かスケールの大きさで好きです

 

荒川放水路も凄いなと思います

新河岸川と荒川が一緒になり隅田川と分かれるところ、いやー凄いなと歴史を感じるところです


水路は特に地方ですと、柵が無い、岸が滑って登れない(ビニルシート、草と泥沼)、護岸が高いなど大人でも危険なのでお子さんは知らずに近づいてしまうので注意して下さい


水路を歩けるのは男性だからかも

僕は通信空手の段位で2段レベルくらいなので地元の土手でさほど怖い感じも無いですが女性は簡単に散歩しづらいかも

今の世の中は自分が思うより物騒で不便な物なのかもしれないなと残念に思います


ネタとして前から書きたかったんですが、インスピレーションと思いつきを大事に書いてるとは言え書くべきタイミング微妙デリカシー無いすね

地形好きでタイムリーに治水の動画見て、ニュースで水路連呼だったので釣られました


時節柄触れますが女児が殺害され遺棄された事件絶対あってはならないです

お悔やみ申し上げます