飛んだル・マンGTプロトについて

スズキ_V12エンジン で検索して各メーカーのF1昔話見てたらオモローだったです
YouTubeマニア(ビートルマニア)なので⇩書きます

99年に飛んだCLRと98年ロードアトランタで飛んだ911GT1'98についてです

まずターボCカー裏面を参考に
https://youtu.be/2e-Zad4mFb0 1:38 1:49辺りでノーズ床下のディフューザー見れるか

CLR
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%BBCLR
https://youtu.be/cZChsfS5ueQ
99ル・マンで3度飛んだ事、ムービングベルト付きの風洞で開発されなかった事、丘以外の地形で飛んでいた事は知りませんでした
空力的に低ドラッグに攻めた外装に見える反面詰めが甘かったようで、ザウバーはプロトの経験を自身のF1チームに残し、ツーリングカー上がりのAMGにさほどル・マンの経験を移管しなかったのか?
2年で撤退、その後復帰してないのでCカー以来ル・マンで勝ってないです

https://youtu.be/HQBjFWnSc6g '98 CLK-LM
https://youtu.be/O9EU8JH03gE#t=2m35s

メルセデスAMGDTM/ICT時代から床下ダウンフォースを重視して自信があった
ル・マンはより高速で飛び易い段差がある、尚かつクラス1ツーリングより床下のダウンフォース制限がキツくなった
③車体形状が洗練されてフロントが極薄くなってからも空力的に大事な部分に大きな装飾的に凝った凹凸パーツを残した(自信からの危ない賭けになった?)
④床下に頼ってダウンフォースを得た故に平地でもポーポジングが激しくなった
⑤2度の離陸を教訓に翼端板無しの小型ダイブプレーン2枚付けるに留めて勝負に拘った(それ以上の備えが無かった?)
⑥丘越えで空宙に浮き地面効果を失ったフロントディフューザーは仰角が付き、上側の装飾と合わせて揚力を発生し押さえる力が弱かった
⑦床下のフラットボト厶に仰角が増して大揚力を発生して飛んだ

wikiに書かれてるサスペンションの柔らかさによるレーキ角変化はGTプロト全車に起こり得るが、そんな間違いを犯すかな?2台飛んだ時点でも対策するのでは?
加速時のステアリングのフワフワ感もCLRに特有、空力的な揚力に間違い無さそう
耐久向けに柔らかいサスと言ってもタイヤハウスのアーチが下まで囲み上下のクリアランス狭く、ストローク大きく取れないのでCLRが特別柔らかいサスセッティングだったと言えないでしょうね
床下空力に頼った設計なのでサスはガチガチにしないと上手く走らないのでは?
フロントに3つ目のショックを持たない等もこの車に限った特徴にならないかも


★911GT1'98
https://youtu.be/pq1eP3NSd6Q 96
https://youtu.be/ECQv95kN-38 97
98↓
https://youtu.be/s8NWsuCh_d4 由良さん切るP1
https://youtu.be/5o4ppty8okg 由良さんP2
https://youtu.be/g8XxQkXCmsU 飛んだ場面(裏側見れる)
https://youtu.be/qNxRuI7lvY8  8:41 8:58 720p
①フロント床下の大部分が平面、ディフューザー形状は極小で穏やかな特性?気流の抜けが悪かった
②旧Cカーの冷却排出口はノーズ上に排気して傾斜角度をつけ正圧を得てダウンフォースを発生したが、Fホイール前横側に排気してフロントノーズを薄く、緩い傾斜角度にして抵抗を軽減した 962C等旧LMPと比較してノーズ上面や床下で発生するダウンフォースがかなり小さかったため緩い条件で飛んでしまった
ノーズ床下処理は物言いのつき易い部分なのでライバルに歩調を合わせたか、ポーポジング対策で平面形状としたのか(確か規則が有ったか)
でも、98年のル・マンで1位、2位になってるのは謎 欽ちゃんならGTプロトみたいに足を前後に開いて飛び上がってなんでそうなるのか聞くでしょうね

FIA WEC 2018 Spa Francorchamps Crash #17 BR Engineering BR1-AER Eau Rouge
https://youtu.be/t5bPgU1n4yI
床下空力に頼り過ぎると浮き易い?
・1987 IMSA GTP Lime Rock GP
https://youtu.be/DbRdHBhHfpM
条件によってFウィング付962でもフロントが浮くんだな…

まとめ(完全に妄想)
GTがLMP並に過激化する中でフロントとリアにGTのアイコンを残した 全体が洗練されていく過程でフロントの処理が他のGT並に据え置かれた為にフロントのダウンフォースが不足した
オーバーハングを薄く長く、床下ダウンフォースに頼りつつ不充分な設計になっていた
前の車に近づいて乱流に晒されるとフロントのダウンフォースは更に低下し傾斜面で大面積なフラットボトムが理由で飛んだ
ターボCカーはGTレギュレーションよりもディフューザー開口高く、フラットボトムの面積が小さく、総ダウンフォースが大きかった、エアトンネルもフロント寄りに作れたのでコクピット下面辺りでもダウンフォースが得られた…でも条件が悪いフロントが浮く、最新のLMPカーでもFディフューザー下面に頼り過ぎると飛ぶんですね

動画に映ったノーズ下空力処理についてでした

ミニ四駆にできる空力処理は
https://youtu.be/JT6io0Y3pxM
この辺が近いかもしれないです


もう一つ、YouTubeマニアから特にキッズに言わせてもらうと、クラスで面白い人というのに憧れると思いますがYouTubeでただ面白いからと、馬鹿な事をやる大人は程度が低いです
子供をなめている、再生数を伸ばす事だけ考えて子供をお金としか思っていません
そんな大人より見るべきものがいっぱい有るよと言いたいです
悪い事、してはいけない反則をして面白い事をするというのは簡単な事です
日本の芸能とメディア広告に関りたいG○○gIeさん(YouTubeの経営者)の思惑に騙されないように