読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女児誘拐について

ちょっといやだいぶ気になったので
水路回で触れたので考えました
まともなのかなというまとめブログさんですが(失礼)
http://newspark.ldblog.jp/archives/14045649.html

誘拐、殺害されたリンさんについて気になる事
学校で出来た事について
友人の子によると一人で登下校する事が多かったと
いじめは無かったか
疎外されてはいなかったか
今だと集団登校班が普通なはず
指導はできていたのか

見守りのボランティア/警備員
人気の無い道、児童の少ない道ほど見守りが必要だったのでは?

怖い人がいたので通学路と違う道を通る事があったと
不審者情報を学校が認知していたのか
リンさんと話ができていたのか そうであれば対策をしていたのか
リンさんが違う道を通る事、遅れがちなこと、把握していたのか
通学路は人気の無い道だった?通学路に適していなかったのでは
対策は取っていたのか
複数人で公園で談笑していた目撃情報? 危険回避について指導できていたのか
外国人だからできなかったと言うのであればそれは駄目だろう
特に外国に日本を良い国安全な国と宣伝する現状許されない

https://news.goo.ne.jp/article/thepage/nation/thepage-20170406-00000005-wordleaf.html
集団登下校をしていない地域だったらしいです
いまだにやってない地域が有るのは驚きました
指導力の低下なのか省力化なんでしょうか、考えられない
30年前普通でしたその間には有名な女児誘拐事件が何件も報道されました
安全が保証されたモデル地域で可能かと思いますが、現在の日本では考えにくい安全対策の遅れです
農村で鍵をかけなかった地域も外国の窃盗団等により変わった等
趣味の多様化、衆人監視の希薄化、モラルの低下、凶悪事件の表面化により対策が必要になっていると思っていました
起きるべくして起こった事件と言えます

彼女が決まりを破って勝手に一人で登下校していたように報道されたことは可愛そうでした
なるべく好きな人と一緒に帰りなさい(指導してたかも疑問)では、外国人で馴染めないまたは学年違いや友達関係でない緩いつながりでは班行動は無理でしょう

防犯ブザーは無力でした 防犯を子供だけに任せるのは無理、ボランティアに頼るのも無理なら登校班くらいは組ませるべきでしょう
父親が出稼ぎの外国人だからうるさく学校に責任を問う事は無いでしょうから、学校側で改善を全国レベルでするべきでしょう


犯人について
複数人説
自動車なら連れ去り簡単

寂しい場所を知っていた
土地にある程度詳しい

可愛い女児を探していた
通勤の途中?わざわざ探す?
小児性愛関連サイトで情報を共有していた?

通学路を特定していた
土地に詳しい 事件の数日前から場所と時間を詳細に調べた
偶然顔を知った、遭遇したのなら近所に居住
遠方なら駐車場所と張り込みに非常に気を使う

遺体遺棄現場も少々の距離
遺品を別に遺棄

車であればGPSの個人情報が管理されていれば、事件前、当時刻で周辺で特徴的な動きをする車両が割り出せれば可能でしょうか
スマホの通信履歴を所持しているキャリア、アプリ関係は警察よりも情報を持っている
日本よりもアメリカの捜査当局のほうが日本の犯罪について詳しい、詳細に日本の事を遡って調べ尽くせる能力があると言えます
日本は幹線道路ならNシステムは有りますが
目撃情報は特異な状況かと思うので詳しく見るのでは?

特別に個人情報開示に頼らなくても同種の他の事件の場合と地理的、犯人心理的に捜査情報を共有できていればかなり絞れるんじゃないかな

何より真剣に考えなければいけない事件だなと思います