ローフリクションタイヤとリフターについて

ローフリクション再販からだいぶ遅れましたが最近流行りの改造と併せて考えました
リフター改造のトレンドも2年ほど経って、基本的な考えの普及が初心者の助けになるはずです(俺理論注意)

ローフリクションタイヤはコーナリング中の摩擦抵抗を考えると最速ですが、ジャンプ後の再加速に必要な摩擦力が弱いので減速ばかりのコースは不得意かもしれない…多分そんなタイヤです

MSフレキとフロントヒクオ+リフターと前後ローフリクションタイヤの組み合わせに注目しました


・【ミニ四駆車載カメラシリーズ】タミヤオープンハウス2014編 SAITXさん
https://youtu.be/dFxRSFtnJEQ
・【Slow Motion】ハイパーダッシュサーキット2015オンボードカメラ映像 タミヤ公式
https://youtu.be/ilvVc-KyDvQ
御二方引用ありがとうございます

車載動画中のフロントバンパーのマスダンパーがひっきりなしに跳ねているように見える現象について考えます
①車軸からオーバーハングされてマスダンの跳ねがやや誇張的
②後輪は常にトラクションが掛かっているので自然に接地したがり、フロントより跳ねていない可能性も有る
③小さなマスダンを浮かせる力+マスダンでは抑えきれず車体も跳ねている可能性有り、マスダン自体雑な制御かも
④リア提灯(東北マスダン)改造でリアの小跳ね防止になる?
⑤接地圧が一定でないと低摩擦で硬いタイヤは駆動ロスになっているはず

以上から、リア提灯を改良してローフリ跳ね対策できそうですが、マスダン以上に繊細なローフリ接地を意識した改造を追加するのは有効そうです MSフレキとフロントヒクオ+リフターと前後ローフリクションタイヤ の組み合わせは接地圧を一定にして高速コースでローフリの長所を引き出せているのかも?


MSフレキは2連ドラゴンバックやバンクの斜面に叩きつけられる様に着地してもショックをモーターに伝えにくいので減速が少ないように見える他、小刻みな跳ねにも対応できます

フロントヒクオ+リフターはボディの荷重を板バネ的に後輪にトラクションを優しく掛けて、小刻みな跳ねを抑えています
稼働ボディ後端に重りを追加して板バネを強化する人もいます
前輪もフロントバンパーがヒクオ軸になっているので、後輪より効果が薄いですがリフター位置や前輪直後のマスダンパーで程よくトラクション調整ができているのかも 前輪トラクションを程よく抜いてコーナー摩擦抵抗減にもなっているかも?

以前ジャンプと同時にヒクオユニットを空宙に放って、車体に接したまま着地して弾くのが理想という二律背反を書きましたが、実際はタイヤや車体がたわんで戻る瞬間くらいに遅れてユニットが降りてくるのが最良かもですね
一見難しいですがクッションやリフター等の弾性を利用すれば可能です

リフター付き提灯は柔らかく長ストロークを活かして理想的な働き、小刻みな跳ねと大きな跳ね両方に対応できそうです

MSフレキはサスとして相当有効な改造、MS以外のシャーシは高圧力で潤滑する軸受けで代用になるか?
リフター改造はMS以外の各シャーシで使えて、低速コースでハード、スーパーハードを選択しても有効、高速コースでローフリと合わせるとバリ効果的なのかもしれないッスね


これ以上は職人の領域、神業の世界に足を踏み入れるのかもしれません 全部妄想なんでわかりませんが

今回の内容はミニ四駆知らない人は「ミニ四駆細か過ぎィ…」という印象を持たれるかもしれません
トップの人達の領域なんて考えも及ばない世界なんですかね
でも‼!初心者でもその手前までは行けると楽しいです
容易に到達できるラインがミニ四トップと離れ過ぎていないと楽しめるだろうなと思います

だから、最近twitter他で騒動になってたらしい簡単改造を応援したいですし、公式にも普及した必須改造をフィードバックしたパーツと新提案の謎夢パーツ(レゴ的な新発想・汎用継ぎ手みたいなのとか)定期的投入を期待したいです
ハイ・ローミックスで手軽に取っ付きやすいホビー、というのが爆発的に裾野を広げる事になると思います
カーボンステー加工手引セット等もあると入門者からステップアップしたいお子さんも次に繋がりますし、高額なステーも売れてヨロシイ感じになりそうです

漫画もスポコン要素と楽しめる要素両立しないと面白くない説を取ります
ガンブラスターXTOのスパイラル6本スポークホイールとエアロハイマウント再販は、20年ぶりに新規エアロパーツ投入にエア期待が膨らみます