日産の最近のル・マン

2年前の話題ですがわからないまま消えた感じなので気になっていました
https://youtu.be/HZGqzbW7oWs
http://carislife.hatenablog.com/entry/2015/02/02/212713
http://y0siharu.exblog.jp/20860414/
http://ameblo.jp/ha-ma-ha/entry-12031359100.html
http://blog.livedoor.jp/otataho/archives/44459961.html
フライホイール方式の回生システムだったんだ…欧州的だ
16インチのホイールは空力重視!
見慣れないプロポーションですが空力的に磨かれたと想像すると美しさを感じます

フロントからリアまでの巨大なダクトはエレクトラモーティブのZXT日産やイーグルmk3トヨタを彷彿します(この2台は分割タイプ①フロントからFタイヤハウスまでと②サイドからRタイヤまでのダクト)

GT-R LM NISMOはフロントディフューザーからの空気の抜けをボディ内部を通してリアの大開口から排出する仕組みだったんですね
・コンパクトなエンジンでFF駆動して実現予定だった
・F1的なスプリッター(現在はTトレイ及tea trayと呼ぶらしい)を持たないでポルシェハンプの様な大空間な低圧力部分を作り、広い面積で床下ダウンフォースを得る、というのが主目的だった
・リア荷重減ったのでリアタイヤを細くしてリアのディフューザーも大型化できた(リアのモーター駆動はル・マンに間に合わなかったらしい)

前荷重を活かすのは確かにGT-Rの特徴を備えてますがそれはむしろ目くらまし独創的な空力マシンだった…

素人目線な疑問点は
⚫FFのパッケージはレース向きなのか(純FFは不本意だったらしい)
⚫フロント荷重(重量、タイヤサイズ、ダウンフォース、駆動力)を増やしてドライバーの負担(パワステへの負担)は如何か
⚫フロントディフューザーからの空気の抜けは充分なのか(フロント荷重が増えた分、タイヤサイズ増だけでなくより大ダウンフォースが必要?)
⚫リア開口からの遅い気流は全体の空力を乱さないか
⚫後輪の大ダウンフォースとトラクションに細い後輪タイヤサイズが適当なのか(ル・マン出走時はインホイールモーター無し純粋にFFだったぽい)
⚫リアサスアームが極短

実戦ではハイブリッド機構の不具合で疑問を解決できず残念です(フライホイール式?)
資金力の問題な気もします ・資金豊富だと突飛な事しないかも ・資金力があったらテストで失敗が早く明らかになったかも

…画像検索で幾つか見ましたが、3LのV6ターボはさほどコンパクトに見えず茶盆タイプだと空気の抜けは期待薄いですが本機の形式では問題じゃなかったのかも?
一発の速さが有るようなのでダウンフォースはもしかしたら優れていたのかもしれません
タービンやら無理やり高密度に詰め込んで熱問題が有りそうです

うーん、駆動システムの完成がもしも成っていたなら戦闘力があったんでしょうか


最近の日産のル・マン参戦は日本のファンは違和感でした
原因は
⚪3輪
レースを乱す
さほど必要性を感じない、未来的過ぎる
大きな変革に日産が適格なのか(やり切れるのか)
普通に参戦してできれば勝って欲しい
⚪GTR LM NISMO
参戦前情報が謎過ぎて懐疑的 理解、応援が得られなかった

だった様に思います

でも失敗を恐れない
技術の日産!というがむしゃら感
人と違う事をやる
見る人をワクワクさせる
というのは凄いなと褒め讃えたいと思います

関係者さん妄想だけで語ってすいません
空力的にマニアックになっていた日産には今後も長所を伸ばして逆風を吹き飛ばして頂きたいと思っています

まとめ動画ありました
https://youtu.be/uQZQuW-8Qsk
https://youtu.be/X2kAWiQyQSw