読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空カっち とトリビアっちについて(ミニ四駆

今日は小芝居付きです

http://youtu.be/IXz-o7bL5OA

(削除済み?トリビアの泉 タイヤをスキージャンプ台で飛ばす内容)

一番よく飛ぶタイヤについての動画

軽自動車とセダンのタイヤとスポーツカーのタイヤは大差無し。

大型トラックのタイヤは慣性力が大きかったので大差で飛んだ。F1のタイヤはグリップが抵抗になり飛ばない。重機のタイヤはジャンプ台破壊。


GT-R GT3 BUILD TIMELAPSE!

http://youtu.be/O8ktCkh4OFk

日産GT-R GT3の組立動画

Nürburgring Nordschleife VLN 2015 Crash Nissan GT-R Nismo GT3 ∞GRID.Media∞

http://youtu.be/GXHUxCmdkYY

時速200㌖くらいでふわっと離陸


この動画から言えることは

① 重くて空力に頼らない物はよく飛ぶ。

② 軽くて空力に頼る物もよく飛ぶ。


関西人) "…く、空力で飛んだらあかんやん!"

博士(メガネ君) "まだまだ、他に方法はあるはずです"

おれ) "ジャンプ台〜には勝てない…んだろうか...?"

3人で審議結果(脳内に直接)↙︎


①は重いので飛ぶのを避けられない(タイヤに中に鉄球を仕込めば飛ばないか?)

②空力的であっても飛ばない設計にさえすれば飛ばないのでは?軽いし


②を更に細かく見ると

  ジャンプ台によって強制的に離陸すると、ウイングや前後ディフューザーよりも床下のフラットな面が面積広大な為に、迎角が付き強力な対地効果で揚力が発生して浮力になった

②の対策

重心位置でジャンプ姿勢を前下がりにする

比較的に床下フラットでないシャーシを使う

空力のダウンフォースを強めにする

ローラーのスラストを強める&前後のローラーをより後ろにつける


①と②を足した結論はジャンプ台には重いと対応できない、軽くすれば空力改造によっても対応可能

ですかね

3人) "空力厄介なんじゃね…?"


適当に見つけた動画群を強引に結びつけ答えを出す。ねずっち並に整った…かな?